そもそもフィラリアとは? | フィラリアの予防をするなら中型犬用のハートガードプラスを使おう!

そもそもフィラリアとは?

沢山の薬がある

中型犬用のハートガードプラスを使うことで確実に予防できるフィラリア。
フィラリアは犬をペットとして飼っている人なら当然知っている病気というように扱われていますが、中には実はフィラリアについてあまり詳しくないという飼い主さんもいるのではないでしょうか。
動物病院でも予防を呼びかけているし、獣医に予防を勧められたからフィラリア予防薬を使って予防しているという人もいると思います。
フィラリアについてあまり詳しくないままだと、フィラリアについて勘違いしてしまうことも多いので、実はフィラリアについて詳しくないという人は、フィラリアについて知っておくことをオススメします。

そもそもフィラリアというのは、蚊を中間宿主とする寄生虫である犬糸状虫に寄生されることによって引き起こされる感染症です。
犬の種類や年齢、体重、そのときの体調に関わらず、全ての犬に感染するリスクのある病気です。
日本ではフィラリアを媒介する蚊は約16種類いるといわれており、何の予防もしていなかった場合、3年で約92%の犬がフィラリアに感染するといわれています。
感染初期のころは目立った症状はありませんが、体内でフィラリアが成長して症状が進行すると、咳や元気消失、肝臓や腎臓機能の障害といった目立った症状があらわれるようになります。
腹水やむくみなども見られるようになり、治療せずに放置していた場合、呼吸困難などの末期症状を起こして最終的に死亡します。
このように、フィラリアは循環器系や呼吸器系の症状を引き起こしながら犬の命を蝕み、最終的には命を奪う非常に危険な病気なのです。
大切な家族をフィラリアから守るためにも、中型犬用のハートガードプラスを使って確実に予防をしましょう!